スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
☆質問タイム☆
20080828164625
あぁ、今日も長くなっちゃったm(_ _)m

悩んでる人ほっとけないもん。



【ぽちゃっ娘☆さん】


Q。きらさんが思い描く頑張れる、良い作品というのは、どういうイメージですか?

A。頑張れるのは、作品に携わる人みんなが一致団結しているイメージ。
ファンの方に「好き」と思ってもらいたいから頑張れる。
良い作品は、自己満足の世界です。
決めるのは見てくれた人ですから。


Q。きらさんの作品で、もし私のような相談や悩みを抱えている者にきらさんが「この作品、こんな苦労や不安があったけど、こういう風に作ろうってスタッフさんたちと話して作ってファンの方にはこういうコメントもらって喜んでもらえたから、そういう出来上がるまでの気持ちなどを踏まえて見てみて」というようなモノがありましたら是非それを見てみたいなと思いますので、教えて下さい。

A。「爆乳あいがんぐ」「オッパイズム宣言」「もみもみセックス5連発」ですね。
ぶっちゃけ全部見て欲しいですけど。(笑)


「爆乳あいがんぐ」

露出したいと高槻さんにお願いしたら叶えてもらえた作品です。
高槻さんも「やりすぎ」って言ったぐらい露出しました。(笑)
私も考えてたのよりハードで恥ずかしいし嫌だったけど、リアルなものが撮れて満足してます。


「オッパイズム宣言」

ストリップのドキュメントを見れば説明しなくてもどんな気持ちで取組んだのか分かると思います。


「もみもみセックス5連発」

正直一番つらかったです。

いい作品を撮る為に「手加減しないでください」と男優さんに頼みました。
そしたら力強いビンタが入って…。

途中吐きそうになって、カメラ止めてってアピールしたけど止めてくれなくて吐いちゃって、もう絶望的な気持ちになりました。

撮影なのに撮影ってこと忘れて役に入り込んでしまって本気で恐くて恐くて。

この作品で、ファンの人に嫌われたこともありました。
つらくて泣きました。

何の為にAV女優になったのか分からなくなって、初めて「やらなければ良かった」と後悔しました。
「引退する」と高槻さんにも言いました。

それでも引退しないで続けているのは、応援してくれてる人がいるからです。
あとは開き直り。(笑)


AV女優の仕事で惨めだと思う時、私はたくさんあります。
全て見せてるんだもん、惨めなところも見せてやりますよっ!
…とまぁ、開き直り。

私もぽちゃっ娘☆さんと同じく自分がコンプレックス。
AV女優になればなくなるかな?なんて思ってたけど更にコンプレックスの塊になった気がします。

人生の分岐点にいるぽちゃっ娘☆さん。
思いっきり悩んでください。
悩みすぎてつらい時、ブログにコメントください。
私で良ければアドバイスします☆
\(^O^)人(^O^)/



久し振りに自分の作品について語ったな~。
内容忘れててサイトで調べちゃいましたよ。(汗)
スポンサーサイト
08/28 16:46 | ☆質問タイム☆ | CM:7
作品の良さや苦労した思い出は後になって分かるもんです。いつか普通の女の子に戻った時、あらためて観たりすると違った感情が芽生えるかと


やって…やり遂げて良かった…そう思えたら素敵ですな


僕はきらちゃんの作品全部引っくるめて好きだょ

あ虐められてるのは駄目だわ
『爆乳あいがんぐ』見ました♪あれみてきらサンのファンなりました(^O^)
『爆乳あいがんぐ』見ました♪あれみてきらサンのファンなりました(^O^)
『爆乳あいがんぐ』見ました♪あれみてきらサンのファンなりました(^O^)
今は介護や看護の仕事をしてますが、以前は映画やCMの仕事もしてましたし、メーカーのサラリーマンでも有りました。介護の仕事を始めて直ぐに「お前、リストラだろ。」と伺った方に言われた時、殴ってやろうかと思いました。マァ、今は何でも無いですけどね。人は自分の顔は直接見る事が出来ません。自分を知って居る人は周りの人達です。仮に自分が周りを裏切る様な事をしても色々な人達が自分を見てますから、出会いや仲間は大切にして下さいね。
昨日のぽちゃ娘さんのコメントもきらチャンの話されたことをじっくり聞かれていたようで、また考え方も随分しっかりされているように感じました。

きらチャンは今日はまた語ってますねえ。これはきらチャンじゃなければ語れない内容ですものね。自分の作品については特に。ぽちゃっ娘さんへ語りながら、きらチャン自身が仕事をしてきた時のことを思い出しているように感じました。

「もみもみセックス5連発」のことなんですが、きらチャン自身、とても怖い思いをして、見せたくない場面まで撮るほど頑張って、そんな思いもしてもファンの人に嫌われたこともあるように書かれていましたね。それで、仕事をやめようとまでかしたこと。そのときのきらチャンすごく辛かったようで一ファンとしても何も出来なかったとことを考えさせられました。

でも、いろんな作品の感想はあるでしょうけど、あの作品についてファンはきらチャンのことを嫌になったのではなくて。辛い「演技」をしているきらチャンに勝手に同情しちゃっていろんなコメントをしたんではないかと思いますよ。きらチャンを好きな人ほどそうだったじゃないかなあ。でも、撮ることに一生懸命になっているきらチャンへは「頑張れ~」のエールを送っていたと思いますよ。

NORIさん同様、小生も暴力系が行き過ぎた陵辱ものは、きらチャンという役者さんへの思いも強いことから、ちょっと苦手に思っている節もありますものね。(つまりファンの勝手な独りよがりです)

ぽちゃっ娘さんも、何か頑張ってもそれを評価するのは「自分自身」でもある反面、「廻りの人」でもありますから、その「外野の声」をどう受け取るかは難しいですよね。相談されているきらチャン自身もすごく悩んだ問題みたいですから。

お二人のやり取りを拝見して、小生はとても敬服している人間の一人であります。説教ぽいこと長々書いてしまってどうもスイマセン<m(__)m>。
きらチャンにはこれからも頑張って欲しいですし、ぽちゃっ娘さんには納得のいく判断をされることを心から願うものであります。
★NORIさん
ありがとう☆


★ボズさん
ありがとう。嬉しいです♪


★ドカティさん
殴ってやりたい時なんてしょっちゅうありますよ、私。(笑)


★森のクマさん
ぽちゃっ娘☆さんのおかげで前のことを思い出す時間ができて良かったです。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
Copyright © 2006 ☆波風きら☆ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。